>

平日と休日の家事のすすめかた

平日の家事のこなし方

平日は仕事などであまり時間がないことが多いので、出来る家事も限られてきます。
平日は特に「ながら家事」が効率的です。朝起きて洗顔して歯を磨いたついでに洗面台掃除、朝食後にお皿洗いをしたついでにガスコンロやコンロ周りなどを軽く拭いたり、トイレに入ったついでにトイレ掃除をしたり等々、様々な「ながら家事」があります。
外での仕事は他人ありきの社会ですから集中してやっていかないといけません。時間内に仕上げることを大前提にしてなるべく定時に帰るように心がけていきましょう。そうしていかないと、家での仕事がこなせません。仕事の日は時間を1分1秒も無駄にしないようにしていかなければ兼業主婦など難しいと考えた方が良いと思います。家事は、限られた時間を上手に活用していかないと、一日でこなせる仕事量ではないということを、特に世の男性方にはぜひ認識してもらいたいものです。

休日は、普段できない家事をする

仕事の日に比べれば、時間があるのが休日です。
ただその休日も、子供たちがいるかいないか、旦那さんがいるかいないかでも出来る家事は変わってきます。
出来れば一人で家事をするのではなく、ご家族に協力してもらう方法が一番休日を有効に使える方法です。せっかく人手があるのに使わないのはもったいないです。家事は一人でするものという考えを捨てると、毎日がもっと過ごしやすくなると思います。
例えば旦那さんがいるのなら、家具の移動を手伝ってもらうことも出来ますし、一度に2か所の掃除が出来るので、いつもは時間がなくてできないところも丁寧に掃除が出来ると思います。
出来る家事も、人手があれば同じ時間でかなり多くなります。何よりイライラしなくて済むので、家にいる家族にはどんどん仕事をふって、それが嫌で外出するならそれはそれで家事が捗るので良いのではないでしょうか。


この記事をシェアする